HOME > 緊急!チェックポイント > 【借りると】金利と返済方法

返済に影響する金利とは?

お金を借りる際、当たり前ですが、利息が発生します。借りた人は、借りたお金+利息の合計金額を返済しなければいけません。
一般的に少額よりまとまった金額を借りたほうが金利(利息計算の為の率)は低くなります。短期間で返すより、長期で返す方が、利息は多くなります。
借りる側は、自分の収入から十分返済できる範囲で借り入れることが大切です。

返済する時はどうするの?

返済は、一括で返済する方法と、毎月一定の金額を返済する方法、もしくは不定で手元にお金が準備できた時、などのがあります。
キャッシングで最も多いトラブルは、この返済について。会社によっては、借りる際に、返済のシュミレーションを行ったり、返済プランの相談に乗ってくれるアドバイザーがいたりするので、これらを活用して、安心して完済まで行いたいものですね。

このページのトップに戻る